akimitsu.net

マツダ RX-7(FD3S)スピリットR タイプA

RX-7 スピリットR タイプA
マツダ RX-7 スピリットR タイプA
2002年式、イノセントブルーマイカ、5MT
(所有時期:2002年6月~現在)

RX-7 スピリットR タイプAはどんなクルマ?

1991年はマツダロータリースポーツにとって歴史的な年となりました。
一つはこの年、マツダ787Bが日本車として初めてル・マン24時間耐久レースを制覇したこと。もう一つは形式名FD3SことアンフィニRX-7がデビューしたこと。この二つの出来事がマツダロータリーの輝かしい1991年を飾ることになりました。

RX-7として三代目となるFD3Sは、その華麗なスタイリングやタイトなコクピット、ロータリーエンジンの圧倒的なパワー、凝った設計のシャシー、前後重量配分50:50のバランスのとれたパッケージング、徹底した軽量化など、スポーツカーとしての総合的資質が高く評価され、マニアの間で絶大な支持を得ました。

しかし前途洋々だったはずのFD3Sには度重なる困難が待っていました。日本経済はバブル崩壊で高級スポーツカーの需要が激減。頼みの北米市場もスポーツカーの保険料高騰のため冷え込み、1995年をもって輸出は中止。マツダ本体もバブル期の多チャンネル化戦略の大失敗などにより経営難に陥り、フォード傘下での再建を余儀なくされます。そして経営再建の過程においては、採算性の悪いロータリーエンジンを持つRX-7は何度も生産中止のウワサがささやかれます。

しかしながら、RX-7は根強いファンの声に支えられながら、マツダの熱血スポーツカーエンジニアによって地道に改良が重ねられ、2002年8月まで生産が継続されました。

「スピリットR」シリーズは2002年3月に発表された、FD3S最後の限定車です。スピリットRシリーズはタイプA、B、Cがあります。ワタシが購入したタイプAは、これまで幾度か登場した走りの特別グレード「タイプRZ」をベースとしており、レカロ製フルバケットシート、ビルシュタイン製ダンパー、BBS製17インチ鍛造アルミホイールなどの走りの装備を持っています。さらにスピリットR特別仕様として「最後にブレーキに手を入れたかった」という貴島孝雄主査の声が反映され、大径ブレーキ&ドリルドローター&ステンレスブレーキホースが装着されました。まさに歴代RX-7の最後の最後にして、最高レベルの走りグレードに仕上げられたといえます。

学生のころこの車に一目惚れしてからはや十年。生産中止直前になんとか最終型を新車で手に入れることができ、感激もひとしおです。このクルマだけは絶対に手放すまい、と心に誓っています。

スペック:マツダ RX-7(FD3S)スピリットR タイプA

スピリットR スペック

※当時のカタログや各種資料を参照していますが、間違いがありましたら教えてください。

Last updated : 2007.08.07