akimitsu.net

管理人のひとりごと(2003年6月)

管理人が日ごろ感じていることを、ジャンルを問わず徒然なるままに書いてゆきます。

→ バックナンバー一覧へ

2003年6月30日(月):いつも疑問に思うこと

「ガードマンの制服のズボンのすそって、たいてい短くない?」

ワタシ、男性のガードマンを見るたびにいつも思います。特に長身の方に顕著ですが、ズボンのすそが圧倒的に短いのです。

しかも、そこから見えるソックスの色が「白」だったりしたら、もう大変です。そんな格好が許されるのは、せいぜい育ち盛りの中学生まででしょう。
しかしながらよく見かけると思います。すそが短くて、中から白いソックスがまぶしく輝いているお兄さん。あれは、どうもしっくり来ません。

郵便局の職員さんにも、同様の傾向があるように思います。
しかも郵便局のユニフォームは緑。中の白いソックスとの組み合わせの気色悪いことこの上ありません。

ガードマンにしろ、郵便局員にしろ、多分ユニフォームのサイズが「S, M, L」しかなくて、長身の方に合ったパンツが用意されていないものと思われます。でも、個人的には、短いすそはかなりみっともないと思うのです。あっ、もちろん長すぎるすそもアウトです。適正な範囲が一番美しいのです。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day30

2003年6月29日(日):FC進捗状況(内装編)

今日はFCカブリオレの進捗状況、内装編です。
で、内装ですが、現在はこのようになっております。

グローブボックスやオーディオなどを脱着
グローブボックスやオーディオなどを脱着

とにかく、外せるものはなるべく外して、拭き上げじゃなくて「洗浄」しよう、ということで、いろいろと外しています。

また、ETCを取り付けたいのですがバッテリー端子およびACC端子を確保するために、オーディオの配線を確認しておく必要もあります。

ああ、でもすでに時は日曜日のサザエさんタイム…。なかなか作業時間が取れなくて、苦労しています。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day29

2003年6月28日(土):FC進捗状況(外装編)

今日と明日にわたって、今月買ったばかりのFC(サバンナRX-7)カブリオレの進捗状況を更新します。今日は外装編です。

FCの外装に早速水アカ取り、コンパウンドをかけてみたのですが、下地が相当ザラついているようで、全然キレイになりません。湿気が多いせいもあるのか、どうも拭きムラができてしまいます。

ぱっと見はまあまあなんだけれど…。近くで見ると改善ポイント多数。
ぱっと見はまあまあなんだけれど…。近くで見ると改善ポイント多数。

というわけで、のっけから情けないのですが、外装はFDと同様にオートウェーブの秋田さんにポリマーコートをお願いしようかと思います。このFCの場合、素人が一生懸命やるよりプロに任せた方が早そうです。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day28

2003年6月27日(金):YRSスプリント参戦予定

インテグラ タイプRのクラッシュ以降、サーキットからご無沙汰しています。

さて、いよいよ7/5(土)のユイ・レーシング・スクール主催のレースが近づき、早割の適用期間も今日までとなりました。

いろいろと迷いましたが、今回はFCカブリオレでスプリントに参戦しようと思います。

スピリットRで出るか、誰かのエンデューロ(耐久戦)に便乗させていただくか、迷いましたが、結局FCで出ることにしました。理由は

などがあげられます。
幸い、今回もおなじみのメンバーが多く揃いつつあるようですので、今度は安全に、確実に乗りたいと思います。なにしろ限定150台の激レアFC最終型ですから…。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day27

2003年6月26日(木):FCカブリオレの燃費

FCカブリオレの一回目の燃費計測が終了しました。
結果ですが4.9km/Lでした。イマイチですねぇ…。

ちなみに250km走って、入ったガソリンの量が51.0Lでした。ワタシなりに原因を分析してみると、以下が考えられます。

次回はもうちょい燃費が改善するよう、いろいろとやっていきたいと思います。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day26

2003年6月25日(水):雨中のダイブ

昨日の甲子園球場での阪神-広島戦は、2回途中でノーゲームになりました。
そこで、ファンサービスといわんばかりに、阪神の若手選手二人が登場し、ホームベース上でダイブ、ファンの拍手喝さいを浴びていました。

雨の中、ダイブする沖原選手と中村豊選手
雨の中、ダイブする沖原選手と中村豊選手

この映像を見て思い出したのが、ワタシの高校時代のことです。
ワタシの高校は都心の狭い敷地にあり、校庭はゴムのような床でできていました。で、男子校だったのですが、雨が降ると、必ず誰かが裸で飛び出して校庭の端から端までスライディングするのです! 床がゴム(のような素材)なので雨に濡れるととにかくよく滑ります。校庭は狭く100m四方もないくらいだったと思いますが、助走をつけていきおいよく滑ると、校庭の端から端まで対角線上に滑っていました。

中には全裸で、法的に許されないモノまで露出してしまったヤツもいましたね(笑)。

先生もあきらめているのか、あまり厳しいことを言いませんでした。今思えば、古き良き時代というか、楽しい高校生活でしたね。ちなみにワタシは、滑っているのを教室から見ている、ごくフツーの生徒でしたが(笑)。

我が母校はその後、東京都下に移転したのですが、さすがにゴム製の校庭はやめたようです。さらに共学になる(なった?)らしいので、さすがに全裸でダイブするヤツは、もう出てこないでしょう。少し寂しい話です。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day25

2003年6月24日(火):ねぎだく

相変わらずの財政難なため、吉野家をこよなく愛しています。

さて、吉野家ではつゆをたくさん、つまり「つゆだく」がオーダーできるのは、ご存知の方も多いかと思います。ところで、同様にねぎをたくさん入れる「ねぎだく」もオーダーできるのですがご存知でしょうか。「つゆだく」ほどはなじみがないかと思いますが、「ねぎだく」も可能なのです。

で、このたびワタシも、初の「ねぎだく」を頼んでみることにしました。

(管理人、ガラガラっと、店に入る)
店員:「いらっしゃいませ!」
(よし、今日は「ねぎだく」に挑戦するぞ。ちょっと緊張気味)
管理人:「並、つゆだくと…、ねぎだく!」
店員:「並、つゆだくねぎだく一丁!」

オーダーが無事に入りました。そして1分後「つゆだくねぎだく」がやってまいりました。たいしたことではないですが、妙に嬉しかったです。

我ながら、これはよいアイデアかと思っています。つゆもねぎもたくさん入れることで、並280円の投資で最大の効果が狙えること(笑)、ねぎをたくさん取ることで、血液サラサラ効果が見込めること、「つゆだくねぎだく」というマイナーなオーダーをすることで、他のお客さんの注文と間違えないようになる、など、様々な効果が期待できます。

八重洲、有楽町、神田あたりの吉野家で「つゆだくねぎだく」を見かけたら、ひょっとしたらワタシかもしれません(笑)。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day24

2003年6月23日(月):工具

FCカブリオレを購入してから、工具が必要になってきました。
車が古くて要メンテナンス、という状態なので、エンジンルームをのぞいたり、内装のパーツをはがしたり、などといろいろな作業が発生し、車載工具程度では、ちょっと物足りなくなってきたためです。

工具のブランドにもいろいろとありまして、一番有名なアメリカのSnap Onをはじめ、ドイツのハゼットやスタビレ、イタリアのウーザック、日本のKTCなど枚挙に暇がありません。工具はあくまで道具、と思いつつ、結構マニアックな世界のようです。いかにも男の子趣味なあたりは、時計や靴と似ているかもしれません。

まあ、ワタシ自身は工具マニアになるほどではないので、しっかりしていて、その中でできるだけ安いものをチョイスしたいと思います。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day23

2003年6月22日(日):パパのスポーツ費用大幅削減

面白い記事が出ていました。
「お父さんが一カ月にスポーツに使う費用は昨年から4000円近く減少」
だそうです。

スポーツ用品メーカーのダイワ精工が調べたアンケートの結果なのですが、それによると、お父さんがプレー費用として一カ月にかける金額は、平均9038円で、昨年より3710円も減少したそうです。実に30%も減っています。まるで、どこかの国の株価と同じような値動きですね! 不況の最中、こうした費用はまっさきに削減の対象になってしまうのですね…。

でも、個人的意見としては、あまり好ましい結果ではないと思います。スポーツの機会(=お金)を削減することによって太ったり、体力が落ちたり、あるいは病気になったりして、そのために発生する医療費の方が、ひょっとしたら高くなるんじゃないの? という気すらします。

酒やタバコ代などは大いに削減するのがよいと思いますが、スポーツにかける費用は、自分の体への「投資」でもあるので、あまり露骨に削減するのはいかがなものか、と思います。

まあ運動なんて、その気になれば腕立て伏せやジョギングなどのように、ほとんどお金のかからない方法もいくらでもありますけどね。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day22

2003年6月21日(土):体力測定(FD)

FDの方も納車から一年が経過し、慣らし運転も終了したので、コンプレッション計測と、シャシダイによるパワーチェックをしてきました。

まず、コンプレッション計測の結果は以下のとおりとなりました。

F(263rpm): 9.8 - 9.8 - 9.8
R(261rpm): 9.7 - 9.6 - 9.6

まったく問題なしでしょう。まあ、新車から仕上げたので当然かもしれませんが…。

次にシャシダイですが、実はワタシの車、リミッターすら解除されていないド・ノーマル車なので、ピークまで計測できるか不安がありました。
でも、心配は無用でした。パワーチェックの結果、最高出力が294.6ps/6840rpm、最大トルクが33.1kg-m/5970rpmでした。ノーマルが280ps、32kg-mですから、カタログ数値より好結果でした。

よく、シャシダイはカタログより数値が落ちるといいますが、ワタシのFDはカタログをも上回っていたのでかなり気分がよいです。東雲のスーパーオートバックスで計測したのですが、お店の人にも「このエンジンは当たりでしょう」 と言われました。いやあ、慣らし運転を一生懸命やった甲斐がありました。

今後も「健康診断」の一環として、コンプレッションとシャシダイを一年に一回くらいの頻度で計測したいと思います。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day21

2003年6月20日(金):マニアックな限定車

こんなマニアックな限定車が発売されました。

→ ロータス エリーゼ Type 72

往年のブラックアンドゴールド、あのJPSカラーを思い出させる、かなりゴージャスな感じの限定車です。しかも限定10台だって! やっぱ限定車は、それなりのレア感がないとアカンですね。ワタシのスピリットRなんて、間違って1500台も作っちゃったから、余っちゃってしょうがなかったですからねー。トホホ…。

このエリーゼ、価格は560万円とのことです。まあポルシェで1000万、フェラーリ360が1700万円することを考えると、あながち高くもないのかも…。というか、この車のライバルは、オートバックスが出しているガライヤあたりになるんですかね。むかしだったらトミーカイラのZZとか。でも、ガライヤあたりだったら、ワタシなら断然エリーゼですけどね。

まあそれにしても、車を買ったばかりなのに、こういったニュースに目が行ってしまうのは、もう、ホント悲しい性としかいいようがありません…。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day20

2003年6月19日(木):FCカブリオレ12カ月点検・後編

昨日の続きです。
今回ディーラーには、以下のパーツを持ち込みました。

まず、ミッションオイル交換ですが、いつもながらレッドラインは即時に効果を発揮してくれました。今回はクラッチ関係をメンテした影響もあるでしょうが、今まで発生していたギアの不快な引っ掛かりが全然なくなりました。
いやあ、レッドラインはいつも期待を裏切りません。最高です!

そして、ロータリーお約束のプラグ交換とコンプレッション計測を行いました。
で、気になる結果は…。

F(263rpm): 7.1 - 7.4 - 7.1
R(261rpm): 7.4 - 7.3 - 7.4

うーん…。
一応、最低必要といわれる7.0はクリアしたものの、ギリギリの値です。正直、絶好調とはとても言えないですね…。

そこで、リンク先であるbenさんのページスポーツカー復権委員会などで取り上げられている添加剤「メタライザー」を試してみることにしました。ディーラーでも扱っています。特に、ワタシがお願いしたのは業務用の「メタライザーPRO」。圧縮回復のために14800円をフンパツしてしまいました…。

今後ですが、メタライザーに加え、エンジンを少しずつ高回転で回してやる、いわゆる「ミニ慣らし」を実施します。厳しく、優しく鍛えてあげて、少し目を覚ましてやります。圧縮の数字自体にどれだけインパクトがあるかは定かでないですが、ロータリーのお手入れ、という意味では有効かと思います。

現在走行71750kmですので、75000kmくらいで再度コンプレッションを計測してみようと思います。うまく回復するとよいのですが…。

というわけで、とりあえずディーラーに入れてできた作業はここまでです。あとは自分でやるなり、別のショップでやるなり、です。いろいろやることはまだまだありますが、詳細は別途更新していきます。(早く専用ページを作らないと…)

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day19

2003年6月18日(水):FCカブリオレ12カ月点検・前編

FCカブリオレを、ディーラーの12カ月点検(12点)に出しました。
その状況を今日、明日の二日にわたって掲載します。

カブリオレは週末にディーラーに作業をお願いし、月曜日の夜に完了しました。
ちなみにワタシは中古車を購入したらとりあえず12点に出すようにしています。目的は一つは整備(当たり前ですが)、もう一つはフロントガラス左上の「点検済」ステッカーを更新するためです。売却時などに、このシールが効果を発揮するときがあるためです。

気になるポイントとして、事前に伝えておいた不具合は以下のとおりです。

    (駆動系)

  1. エンジンスタート時のアイドリングが不良で、すぐエンジンが停止する
  2. クラッチが床まで踏み込んでもちゃんと切れないのか、シフトチェンジ時に不快な「ガリッ!」という音がするときがある
  3. クラッチベダルが戻ってこないときがある
  4. (オーディオ系)

  5. オートアンテナが格納されない
  6. CDを入れても、吐き出してしまう
  7. カブリオレご自慢の、ヘッドレストスピーカーが鳴らない
  8. (外装系)

  9. 左側ドアミラー破損
  10. ナンバーステイの位置が不良

それらに対する整備状況はご覧のとおりになりました。

まず、駆動系はほぼ問題ないレベルになりました。
1はファーストアイドルの調整で、完全ではないが、だいぶ直りつつあります。2、3はクラッチシリンダー、マスターシリンダーをO/Hしフルードも交換、これでクラッチが蘇りました。FDと同様に剛性感のある踏み応え、またつながり具合もバッチリになりました。MTはとにかく、クラッチとかシフトのフィールが生命線ですよね!

オーディオ系は、結論からいうと、問題解消には至りませんでした。
4はアンテナ内部のプラスティックのパーツが壊れているとのこと。重要ではないし、お金もないし、とりあえず手で格納できるので保留です。あとで自分でなんとかしてみようと思います。
5も本格的に修理するとお金がかかりそうですので、とりあえず保留にしました。
6はヘッドレストスピーカーのアンプが機能していないことがわかりました。おそらくアンプを交換しないといけないのかもしれませんがまともの新品を買うのはばかばかしいので、これも保留にしました。

外装系は一勝一敗…。
7ですが、よくみるとドアミラー内部の蝶番のようなパーツが破損しているだけで、このパーツを交換すれば済みそうですが、ディーラーは「パーツでの交換はできない。ドアミラーassyのみ。」の一点張りでした。「ドアミラー一式、約2万円かかります。」
これはばかばかしいので後日家に帰って調べたところ、やっぱり蝶番のみでパーツとして販売されているようです。純正部品の品番F044-69-127が該当すると思われます。もう一度、ディーラーもしくはこのパーツを持っている業者さんに聞いてみます。
8のナンバーステイは、ヤフオクや解体屋などで安い中古品を探したかったのですが、部品が細かくて一式を揃えるのが大変そうだし、値段も3000円程度なので、ディーラーにお願いしました。もちろん冷却面で最適といわれる純正の位置です。

とりあえず、こんな感じです。
音楽関係はまだまだですが、走りについての問題はひとまず解消しました。FDと比べちゃうとどうしても、速い車とは言えないですが、とても乗りやすい車に変身しました。

明日のこの欄では、持ち込みパーツの紹介と、コンプレッションの計測結果や対応策についてを更新します。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day18

2003年6月17日(火):R33 GT-R覆面パトカー

6/15(日)に栃木県黒磯市のブリヂストンテストコースに行って来たわけですが、帰りの東北道で覆面に遭遇したので、その情報提供です。

遭遇したのは6/15(日)18:30頃、場所は東北道上り川口料金所近くでした。車種はシルバーのR33 GT-R。ヤツは三車線のうちの一番左側をゆっくりと走行していました。ナンバーはよく見えませんでしたが三ケタでした。ワタシ、いつも覆面には細心の注意をはらっており、GT-Rなどの高性能車は必ず疑ってかかるのですが、ヤツはリヤバンパーに「MINES」と思われるステッカーを貼っていたのです。

「どっかのショップのステッカーが貼ってある。あれは覆面じゃないな。」

ワタシはすっかり油断して、スーッとヤツを追い抜いていきました。ところが…、少し先で事故があったようで、後ろから猛烈な赤サイレンが追いかけて、あっという間に追い抜いていったのですが、良く見たら、それがなんと、さっきのステッカーチューンドGT-Rでした。まさに「羊の皮をかぶった狼」(笑)。まさかあれが覆面だったとは…。おそらく埼玉県警配備で間違いないでしょう。

ステッカーなんかで判別してはいけないんですねー。
ワタシもまだまだ修行が足りないことを痛感しました。幸いにも、際立って違法な速度で走っていたわけではなかったので何も起きなくて助かりました。今後はより一層注意したいと思います。みなさんも覆面情報ございましたら是非お知らせください!

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day17

2003年6月16日(月):久保田投手

昨日は阪神が巨人に1-0でサヨナラ勝ち。いい試合だったので、思わずビデオ録画までしてしまいました(笑)。

ところで、昨日延長10回にリリーフで登板して、プロ初勝利をあげた久保田投手。球が速いし、肝っ玉もすわっていそうな、よい投手ですねー。いわゆる"松坂世代"の中では無名に近い存在ですが、なかなかの逸材です。

しかしながら、個人的な意見ですが、彼の将来にワタシは不安を持っています。素人のワタシが言うのも難ですが、彼、投げ方がよくないように思うのです。具体的には、テイクバックのときに余計な力がかかりすぎです。あれは一昔前の投げ方、もしくは肩をつぶしてしまう高校生の投げ方のように見えます。

彼は投げ方の不安に加え、以下のような外的要因も今後大きな支障になる可能性があります。

上記の要因が重なって、今年はフル稼働してみごと優勝に貢献してくれるかもしれませんが、来年以降に肩やひじがパンクしてしまう危険性も持っていると心配しています。

かつて、優勝したときに酷使され、その後肩やひじが壊れて選手生命断念を余儀なくされた選手が何人もいます。久保田投手はこういった例にならず、将来のタイガースの柱になってほしいと願っています。当たらないと評判のakimitsu.netコメントですので、この心配も杞憂に終わればよいのですが…。

えっ、阪神は優勝しないから安心しろ? もしもし、よく聞こえませんが(爆)。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day16

2003年6月15日(日):FC3S.JP

FCカブリオレ、FDスピリットRとも、それぞれプラグ交換をするためにいくつかのお店をあたってみました。○ートバックス、○ートウェーブ、近所のホームセンターetc…。

しかし、それらよりもかなり安いお店、というか通販を発見しました。ここです。

→ FC3S.JP

右上のSHOPPING CARTからアクセスできます。
プラグはNGKの9番、BUR9EQが四本セットで4600円(一本あたり1150円)。プラチナのBUR9EQPが四本セットで7400円(一本あたり1850円)です。ちなみに7番も同じ値段です。消費税込みで送料は無料、しかもワタシは2セット購入で100円引きもしてもらいました♪ かなり安いです。

○ートバックス、○ートウェーブでは、標準プラグが一本1400円、プラチナプラグは2400円もします。おまけに消費税も加算されますので、ますます値段に差が出ます。というわけで、ノーマルプラグでOKなら、購入先として是非オススメしたいお店です。

ということで、えらく宣伝らしいコメントになっておりますが、実はFC3S.JP様からはすでにリンクも貼っていただいたのです! というわけで、当HPにもリンクさせていただきます。FCはすでに10年選手、いろいろと気難しい面もあるかと思いますので、アドバイザーの存在は頼りになります。それにFDも同じプラグですしね。

ところで、カブリオレは金曜日にディーラーに12カ月点検に出し、ついでにマイナー不具合を見てもらったり、コンプレッション計測&プラグ交換をお願いしています。さて、中古で買った7万kmFCの圧縮はどれくらいあるのでしょうか??

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day15

2003年6月14日(土):ポテンザドライビングレッスン参加

明日6/15(日)にブリヂストン主催のポテンザドライビングレッスンに参加します。

→ ポテンザドライビングレッスン詳細

ワタシが参加するのはベーシックバージョンと呼ばれる、栃木のBSのテストコースで実施されるプログラムです。テストコースにてウェット路ブレ-キング、コーナリング、危険回避、旋回路やバンク走行などを体験できるようです。

サーキット走行はチャンスがありますが、こうしたテストコースを走行する機会はなかなかありません。ということで、筑波や富士で実施されるプログラムではなく、テストコースで実施されるプログラムを選んでみました。

車はホントはインテRでエントリしていたのですが、例の件があったためにスピリットRでの参加になります(トホホ…)。インテRだったらRE-01装着で2000円のキャッシュバックがあったのですが、セブンはキャッシュバック対象タイヤを履いていないので2000円バックは流れてしまいました。一応ポテンザなんですけどね…。まあ、仕方ないです。

明日はウェットになりそうです。RX-7でのウェットの限界などをしっかり学習して、公道やサーキットでの安全運転に役立てたいと思います。

会場では撮影禁止らしいのですが、こっそりデジカメ忍ばせて行きます(笑)。詳細はレポートをお楽しみに!

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day14

2003年6月13日(金):阪神タイガース公式サイト

今日からまた甲子園での阪神vs巨人三連戦です。現在9.5ゲーム差ですので、日曜日の夜には12.5ゲーム差になる、ということですね(爆)。

ところで、ワタシも頻繁にアクセスしている阪神タイガースの公式HPですが、6月の表紙があまりに面白かったので掲載します。これです。

バシッ! 片岡の頭を叩く? ムーア
バシッ!

どう見ても、ムーアが片岡の頭を思いっきり「バシッ!」と叩いているようにしか見えないのですが…。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day13

2003年6月12日(木):ETC決まる

懸案のETCがやっと決まりました。
ちょうど今日6/12に発売の、パナソニックのCY-ET500Dというモデルです。

→ CY-ET500D

購入はレジラというオンラインショップ。国からの助成金つきで、安く購入できました。今は車を買ったりでお金は厳しいのですが、ETCの予算は最初から別枠で用意してあったので、どうにかなっています。

取り付けは自分で行うことになりますので、今度ネタにしようと思います。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day12

2003年6月11日(水):ダブル記念日

今日はよい記念日になりました。

ひとつは、今日RX-7 カブリオレの車検が完了し、無事にワタシ名義になったことです。

車検の様子(ホントは撮影禁止)
車検の様子(ホントは撮影禁止)

今日は首都高を含め100km近く走行しましたが、細かい不満はあるにせよ、エンジン、ボディとも致命的な欠陥はなく、よかったと思います。今後、じっくり整備して調子を上げたいと思います。

もう一つ、嬉しいことに20000アクセスを達成しました。みなさまのご支援、本当にありがとうございます。幸か不幸か、このHPも波乱万丈の記録になってきています。みなさまがこのスリリングな展開を楽しんでいただければ幸いです。

20000アクセスも達成しましたし、車も変わったので、このHPもそろそろ新しい展開を用意してゆきたいと思います。これからもよろしくお願いします!

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day11

2003年6月10日(火):いろいろありましたが、経緯をまとめて更新しました

5/28の悪夢のインテRクラッシュ事故からもうすぐ二週間が経ちます。
この間、事後処理や新しい車の購入など、いろいろな出来事が発生しました。

いくつか即日発表できないような内容もあり、また更新する(というかPCの電源を入れる)時間自体も少なかったため、日々更新のはずの本欄が大幅に遅くなりました。楽しみにされているみなさまにはご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、ご心配いただいたことを心から感謝いたします。

さて、これまでの経緯を6/4からのひとりごとにまとめました。クラッシュした車の対処、相手方とのやりとり、修理の見積や新しい車の購入など、一連の経緯をトピック毎に分けて書いておきました。今回のようなクラッシュは起きないに越したことはありませんが、何かの際に少しでもお役に立てる情報になれば幸いです。

発端は5/28筑波サーキットでの事故から始まります。
その日から順に、ページとしては下から上へ読んでいかれると、経緯がわかりやすいかと思います。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day10

2003年6月9日(月):FAQ(よくあるご質問にまとめて回答)

FCカブリオレ購入、という今回のワタシの暴挙に対しては、みなさまから「なぜ?」のお声があがることも予想されます。そこで、予想される「なぜ?」をFAQとしてまとめましたのでご覧ください。

Q:なぜFCのカブリオレなのですか?
A:偶然にめぐり合ってしまった、としかいいようがありません。一応、今回は「いろいろな駆動方式の車でサーキットは混乱するかも」ということで、FR車を探すことにしました。候補はロードスターかFCの3HBあたりでした。そんな中、激レアのカブリオレ・ファイナルバージョンがたまたま出てきたので即決したわけです。憧れていたものの、きっと乗る機会はないだろうな、と思っていただけに感無量です。

Q:二人乗り x 2台は非効率では?
A:たしかにそう思います。しかし考えてみると、ワタシがインテRを買ってから約9カ月、この間に後席に人を乗せたのは、記憶の限りわずか3回しかありませんでした。ということでワタシのライフスタイルには後席は不要、いざとなれば友人などから借りることもできるので、二人乗り x 2台でもなんとかなると思いました。また、みなさんの実例紹介を読むうちに、例えば実例2(haruhikoさんのビート + RX-7)のようなケースもあり、 二人乗り x 2台に抵抗がなくなったのも事実です。みなさんも、実は後席に人を乗せることって、意外と少ないのではないでしょうか?

Q:インテRはどうされたのですか?
A:25万円で買い手がみつかりました。ワンメイクレースのベース車になるそうです。
ちなみに、修理した後で売却するシナリオも検討しました。いくつかの業者さんに見てもらいましたが、修理代は40万~下手すれば50万以上とのことでした。一方、修復後の事故車の中古車査定額は75万前後。もしよい方のケースで修理代が40万で売却額が75万ならば+35万ですが、もし悪い方のケースで、修理代が50万円以上、査定額が75万以下ならプラス分は限りなく低くなりますし、最悪マイナスのケースもありえます。なら確実に25万円で売却しようと思ったのです。
ワタシの遺志を受け継いだインテRが、ワンメイクレースで華麗な復活をとげてくれることのもまたすばらしいことと思います!(出費は痛いですが)

Q:お金はあるんですか?
A:あんまりポンポン買い換えるので「管理人は金持ちか?」と誤解されてしまうかもしれませんが、そんなことはありません(苦笑)。
カブリオレは知り合い価格の60万で入手しました。格安の部類に入るかと思います。これに車検10万、整備他10万の計80万を見込んでいます。
一方資金の方は、インテR売却で25万、自己資金を30万、残りは姉富士(爆)から融資を受けました。

Q:筑波の事故からずいぶん早く次の車を買いましたが、反省しているのですか??
A:はい、反省しております。特に、相手にご迷惑をおかけしたことを心からお詫び申し上げる次第です。

Q:相手の方はどうなっていますか?
A:R34スカイラインオーナーの方は修理されるとのことです。サーキットの事故、ということで保険は適用できず、お互い自己責任で対処することになっています。先方様とは十分にお話をいたしましたが、今回の件では本当にご迷惑をおかけしました。

Q:今後の予定は?
A:今週中ごろに車検を取りに行きます。手続きはそれで完了ですので、あとは整備と内外装のクリーニングに注力するつもりです。なお、長期的な予定ですが、この車はノーマル状態を維持するつもりです。

Q:サーキットは走るのですか?
A:はい、YRSを中心に活動したいと思います。カブリオレはタイプRと比べて競争力は落ちるし、そもそもサーキットでガンガン、という車ではないと思います。
しかし、「そもそもサーキットはそういった仕様の車でしか走れないのか?」という疑問を投げかけ、ノーマルのカブリオレで丁寧な走りを追求していきたいと思います。
ということで、サーキットも走ります!

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day09

2003年6月8日(日):ネットで寄り道

「希望ナンバーってどうやって取るんだ」ということで、早速ネット検索しようとしました。

と思って「希望」と打ち込んだところで、ふと
「ところで『希望』みたいなベタなキーワードで何が引っかかるんだろう」
と思い、早速検索してみました。

結果はこんな感じでした。
XX希望の家
希望が丘

なるほど…。じゃあ、もっとベタな言葉で、お約束で「努力」で検索してみたらどうなるか…。なんと、結果は意外なことに、小学校や中学校の名前が並びました。

今は公立の小学校や中学校でもHPがあるんだなー。なんて思っていたらふと浮かんだのが「我が母校にもHPはあるのか?」
ということでワタシの母校「第三XX小学校」「XXX中学校」で検索してみたところ、ありました。我が母校にもHPが!中学校のHPなんか「クリックすると校歌が流れます」なんていうので思わず「潮風かおる~♪」と歌いそうになってしまいました(嘘)。

ここまで来てハッとしました。そうだ、調べ物は希望ナンバーだった!
インターネットはついつい、いろいろと寄り道をしてしまいますねー。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day08

2003年6月7日(土):首の回復具合

首はもうまったく痛くなくなりました。最初はつけていた首サポート器具も、はずかしいし暑いし痛くないのでもうつけていません(爆)。

ちなみに、今回の件で日常生活で意外と首をよく動かしていることがわかりました。
まず人と話すとき、これまで意識していませんでしたが、首を頻繁に動かしてうなずいています。首が痛いときは、これが結構負担でした。

同じく、おじぎでも確実に首を使います。よって首が痛いことを知らない目上の方に会ったときなどは結構苦労します。特に辛いのは斜め後ろから上司が来るケース。後ろを振り返りつつ、かつおじぎをする、という複雑な動きをするので、結構首、痛いです。

あとは、メシを食うときも、首を下に向けています。器具をつけながらですと、食事には苦労します。

といろいろとありましたが、ワタシの場合幸いにも2、3日後から痛みがみるみるひいてきてもはやまったく痛くなくなりました。本当によかったと思います。

でも「借金で首が回らない」状態は当分続きそうですが…。
まあ最後はお約束のベタなオチでご勘弁を。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day07

2003年6月6日(金):ご迷惑をおかけしたR34スカイライン・セダンについて

R34スカイラインオーナーの方と近況報告をし合いました。
R34は修理をされるとのことです。サーキットの事故、ということで保険は適用できず、お互い自己責任で対処することになっています。今回R34オーナーの方には本当にご迷惑をおかけしました。が、先方様も「またいつか筑波でお会いしましょう」とおっしゃってくださったのがとてもありがたいことです。

今回の件を教訓にして、二度とこのようなことがないように気をつけたいと思います。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day06

2003年6月5日(木):次期愛車決定!

突然なのですが、次期愛車として、RX-7 カブリオレを購入することになりました。

次期愛車としては、最初以下の条件で検討していました。

しかしながら「FFとFRのちゃんぽんでサーキットを走るのはよくない。FRに絞って腕を磨いたら?」というアドバイスもあり、FRにしようかと思い始めました。たしかに、限界域でFFとFRでは、対処が逆になるときもあるので、両方を器用に乗りこなすのは結構大変かもしれません。ハイパワーのFDでガンガンサーキットを走る前に、ライトウエイトのFRでマシンコントロールを練習しておこうかと思い、FR車を候補に絞りました。対象はロードスター、FC、あとはBMW318isあたりです。

と思って中古車を探し始めたところに、なんと平成5年式のFCカブリオレ ファイナルバーッジョンを発見。最終型じゃないですか! これ、探そうと思って探してもなかなか見つからない激レアものです。というわけで、最初に上げた条件は全部棚に上げて即決しました。

7万km走行でちょっと汚れているせいか、値段もそれほど上がらず60万円で購入できました! 我ながら、なかなかの買い物では、と自負しております。

この車、丁寧に磨いて、ノーマルのままビューティフルに維持すれば、相当な高額査定も狙えるのでは、と密かに期待しています。こうした車は、もはや値落ちもそんなにしないのですし、時間が経つにつれて世の中からは程度の良いものが消えていきますから、丁寧に維持しているだけで、相対的価値が上がってゆくのです。

というわけで「目指せ100万円、カブリオレ復活記」というコーナーを急遽用意してカブリオレをピカピカに蘇らせるプロセスを連載したいと思います。どうぞお楽しみに!

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day05

2003年6月4日(水):インテR売却

インテRは、結局売却することになりました。
現状のままで25万円で買い手がみつかりました。ワンメイクレースのベース車になるとのことです。

ちなみに、修理した後で売却するシナリオも検討しました。いくつかの業者さんに見てもらいましたが、修理代は40万~下手すれば 50万以上とのことでした。一方、修復後の事故車の中古車査定額は75万前後。もしよい方のケースで修理代が40万で売却額が75万なら+35万ですが、もし悪い方のケースで、修理代が50万円以上、査定額が75万以下ならプラス分は限りなく低くなりますし、最悪マイナスのケースもありえます。なら確実に25万円で売却しようと思ったのです。

ワタシの遺志を受け継いだインテRが、ワンメイクレースで華麗な復活をとげてくれることのもまたすばらしいことと思います!(出費は痛いですが)

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day04

2003年6月3日(火):スピリットR納車一周年

2002年6月3日はRX-7 スピリットRの納車日でした。あれから早一年が経ちました。

去年の今日はすでに初夏の陽気がただよう、よく晴れた日でした。日韓ワールドカップが開幕し、明日はいよいよ日本vsベルギー戦、という日本中が少し浮き足立った日でもありました。その中でも、ワタシは浮き足立ちぶりは尋常じゃありませんでしたが…。

当日、ワタシは15時にカイシャを早退して納車に立ち会いました。ディーラーには17時頃到着。そして、感動の納車手続を済ませました。なにしろ、初めての新車ですし、思い入れタップリのセブンですから、感激もひとしおです。

ディーラーを出たあと、まっさきに寄ったはガソリンスタンド。まずはガソリンを満タンにして、燃費を計測するセットアップをしました。しかし、慣れないスポーツカー、給油口の開け方がわからなくて(セブンの給油口のスイッチ、ちょっと特殊じゃありません?)、ちょっと戸惑ったものです。ドアは厚くて降り辛いし、ピカピカなもんだから注目度はすごいし、緊張してるし、かなり冷や汗かきながらの給油でした。

その後直ちに、知り合いの洗車屋さんがいる晴海のオートウェーブに行き、ボディコーティングをお願いしました。

いったん家に帰って夕食をとり、23時頃再度オートウェーブに出かけました。
我が子は完璧にボディコーティングされて、まばゆいばかりの妖艶な色気をムンムンと発散させていました。まあ、もともと新車でキレイなので、コーティングで蘇った、ということではないのですが「これを何年も維持させないと」と誓ったのでした。

あれから一年が経ちました。
「2台所有」のHPを始めたり、全国のロータリーマニアと知り合いになったりセカンドカーのインテRでサーキットを走ったり、すべて1年前には想像もつかないことでした。

そして今日もRX-7で走っています。


ここまでなら回想記として悪くないのですが、やっぱりオチがありまして、RX-7で向かう先は筑波! 目的はインテRの回収(泣)…。こんなこと、一年前ではまったく想像つかなかったことです。

来年は、もう少し穏やかに、RX-7でこの日を迎えたいと思います。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day03

2003年6月2日(月):モナコGP

モナコGPが終了しました。
最後の数周は、モントーヤ、ライコネン、M・シューマッハーの三つ巴のバトルになりそうだったので興奮しました。でも、たとえシューマッハーが先頭2台に追いついたとしても、逆転までは至らなかっただろうと思います。モナコは抜けないですから。

それにしても、自分がYRSのレースに参加してから、F1のようなレースイベントを見る目が少し変わったような気がします。プロがどう戦術をたてたり、オーバーテイクをしているか、まあ次元が全然違いますが、それなりに参考になるように思えます。

ところで、7/5(土)のYRSレースのエントリーが開始になりましたが、なにしろインテRの復旧のメドが立っていないので、エントリーもできない状態です。いきなりRX-7で出るのもちょっと怖いですし…。せっかく「次は表彰台」と意気込んでいたところだったので、この間のクラッシュは本当に痛恨の出来事です。まあ悔やんでも仕方がないので、なんとかうまい方法を考えたいと思います。

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day02

2003年6月1日(日):日本ダービー!

今日は日本ダービーが開催されました。
天気が心配でしたが、どうにか持ちこたえたようです。

さて、結果ですがワタシはワイド総当りでした!
以前弥生賞の前にこの欄で紹介したザッツザプレンティを中心に、皐月賞馬ネオユニバースと2着サクラプレジデント、それに青葉賞の勝ちっぷりがよかったゼンノロブロイの4頭で見事に仕留めました! (サクラ沈没はご愛嬌、ということで…)

実に簡単な馬券でしたね(爆)。
終わってからなら、いくらでも言えます(笑)。

まあ、馬券が当たってもこの先やってくるであろうインテRの修理代を補填できるとはとても思えませんが、まあ月が変わってツキが変わることを信じて、空元気に行きたいと思います!

リンク用URL - http://www.akimitsu.net/column/2003-06.htm#day01

Last updated : 2003.06.30