2003.10 YRSオーバル浅間台(RX-7 スピリットR)


10/21(火)に YRS のスクールの一つ、浅間台オーバルに参加しました。

詳細は YRS の HP にありますが、オーバル(だ円)のコースを使って「加速」「減速」「旋回」という車の基本動作をひたすら練習するプログラムです。
車両は FD で参加しました。

前回のファミリー走行やスプリントで、どうもタイムに伸び悩み感があったので、このあたりで一度、サーキットではなくオーバルで基本を見直そう、と思いました。また、FD をサーキットに入れる前に、オーバルで挙動を確認しておく、という意図もあります。

と、いろいろ書きましたが
「受講された方は 11/24 の YRS スプリントで 4000円のキャッシュバック」
に惹かれた、というのが最大の受講理由であります(笑)。


この日は晴れ。途中雲も出ましたが、雨は降りませんでした。

コースはこんな感じです。
この写真ではわかりづらいかもしれませんが、手前に一つだけグリーンのコーンがあります。そこがカーブの頂点です。

蛇足ですが、この写真の空の部分に、なんと UFO が写りました!

さて、akimitsu.net FD の登場です。

まずはターンイン。ブレーキをかけてフロントタイヤを少しずつつぶすように前荷重をかけます。そしてステアリングを少しずつきり始めます。

緑のコーンがコーナーの頂点、つまりクリッピングポイントです。そこの直前までブレーキを少しひきずり、前荷重を残したままコーナーリングします。いわゆる「トレイルブレーキング」です。また、ステアリングの切り角は、緑のコーン付近で最大になります。

クリッピングをすぎたらアクセルオン。ただし FD はアクセルを開け過ぎると、たちまちパワースライドします。かといってアクセルをオフにしすぎると、オイシイ回転域を下回ってしまうので、微妙なアクセルワークが必要です。

オーバルでは二台が同時に走ります。だいたいは二台の間隔を空けて走行しますが、後半には二台接近しての「バトル」もやりました。

バトルは性能の近い車同士の組み合わせでやります。一番面白かったのはランエボ同士の「ガチンコ」バトル。14秒台後半のハイレベルなバトルでした。

この日は FC3S.jp の Komiさんといっしょでした。Komiさんの前期 FC、AT なのにかなり速いです。エンジンも調子よさそうでした。

走行後のタイヤです。右回り、左回りを交互にやるので、タイヤはバランスよく減ります。この日だけで結構減りました。

ベストタイムは右回りが 14.911、左回りが 15.172 でした。

オーバルでは「加速」「減速」「旋回」の一連の動作を、繰り返し練習できます。また、ワタシも FD の限界の高さを再確認できました。とても有意義なスクールでした。

→ サーキットのTopへ


最終更新日:2003.10.26


Top